バイナリーオプション

ローソク足(陰線)

どうもfumiyaです!

前回はローソク足の陽線について書いていきました!

なので今回は陰線について書いていきますね!!

では早速行きましょう。
陰の丸坊主

まずは大陰線「陰の丸坊主」。

ヒゲが無く、その日の高値から始まり安値で引けている極めて弱い線です。

完全に売りが優勢な線ですので、空売り以外はあまり手出ししない方がいいかもしれません。

陰の寄付き坊主

これは大陰線の「陰の寄付き坊主」という線で、基本的に弱気な線ですが、下ヒゲがあり下落後ある程度戻している事から、下値を暗示している場合があります。

安値圏でこの線が出たら反発のサインとも取れます。

陰の大引け坊主

次は大陰線の「陰の大引け坊主」で、 上ヒゲがある事から寄付き後一度は上昇するものの売りに押されて安値引けとなり、下ヒゲの無い形になります。

値上がり後に再び売られている事から上値の重さが意識され、今後も値下がりが続く傾向にあります。

コマ(陰の極線)

続いてはコマ「陰の極線」です。
「陽の極線」同様、市場に迷いがあり方向感が定まっていない状況で、動きが読みづらい線とも言えます。

方向感が定まらないため、これが現れたら様子を見たほうがいいかもしれません。

一つのローソク足で見ればこんな感じですが、ローソク足の

組み合わせによっても予測できたりするので次回はそれらについて

書いていきたいと思います!