有益情報

いまさら聞けないIoT。

こんにちは、史也です!

 

最近寒くなってきましたね!

 

はい。

 

 

今回は最近よく耳にする”IoT”について

 

Internet of Things

 

IoTは「Internet of Things」の頭文字を取った言葉です。

そのまま「アイオーティー」と読みます。

日本語訳は、「モノのインターネット」といった表現にすることが多いかなと思います!

 

IoTを簡単に説明すると、「身の周りのあらゆるモノがインターネットにつながる」仕組みのことです。

 

これまでも、PCや携帯電話などのモノがインターネットにつながっていました。

IoTではこれまでインターネットとは無縁だったテレビやエアコンがインターネットにつながることにより、モノが相互通信し、遠隔からも認識や計測、制御などが可能となります。

人が操作してインターネットにつなぐだけではなく、モノが自らインターネットにアクセスすることがIoTの特徴です。

 

IoT活用事例

 

先程、お伝えしたテレビやエアコン以外にも色んな分野で活用されています。

 

自動車分野におけるIOT

自動車とスマートフォンと接続することにより、カーナビを利用しなくても道順を知ることができたり、車内で音楽を楽しめたりするスマートデバイスの活用が進められています。また将来の実用化に向けて、世界の自動車メーカーは”自動運転システム”の開発を急いでいます。自動運転システムにより、センサーを搭載した自動車は

「走る」「回る」「止まる」などの動作を自動で行うことができます。

すでに一部の自動車に搭載されていてCMでもおなじみの「自動ブレーキ」機能は、自動運転の先駆けといえます。

 

 

 

交通機関におけるIoT

バスは、渋滞などにより到着が遅れることがあります。

最近では、バスもIoT化が進んでおり、Webサイトや停留所などにあるQRコードなどから「バスが何分後に来るか」をリアルタイムで知ることが可能です。

 

また、電車も同様に、リアルタイムの運行状況を知ることができます。遅延が起こり、「乗り換えするかどうか判断に迷う」際に活用すると便利でしょう。

 

医療分野におけるIoT

医療分野におけるIoTでは、着用型ウェアラブルデバイスが活躍中です。着用型ウェアラブルデバイスによる自分の健康状態の記録・管理、医師との共有は、健康管理に役立ちます。健康状態が悪化した際に注意のアラートを出すデバイスもあります。健康管理や医療のIoT化により、病気の予防と効率的な治療の両方が可能です。

 

まだまだありますが、IoTの発展によって僕達のライフスタイルは大きく変わっていきます(^^)

 

今回はいつもより若干長くなりましたね^^;

今回はこのへんで!!

 

 

1年間で1000万円以上稼ぎ出した

洗練されたノウハウをあなたに1から伝授します!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

LINEにて無料相談実施中!!(^^)
気軽にご相談ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加