つぶやき

あなたに残された時間はどのくらい?

こんにちはふみやです!

 

『時間は有限』

 

この言葉はよく言われる言葉ですが、確かにその通り。

生まれてから死ぬまで、また元気な状態で過ごせる時間と言うのは意外と短いもの。

 

なりたい自分ややってみたい仕事があるのなら限られた時間を有効に使うことは必須条件になります!

 

人生で使える時間は知る

 

まずは、人生でどのくらいの時間を使えるかを知ることが大事になってきます。

当たり前ですが、1日は24時間しかありません。

めちゃくちゃ稼いでいる億万長者でも、貧困に苦しむ人々でも平等に24時間です!

そして日本人の平均寿命は84歳と言われています。

84年を時間に直すと、73万5840時間になります!

 

そう考えるととんでもなく長い時間に感じますよね。

残された時間は意外と短い

 

 

先ほど84年を時間にするととても長いとお伝えしました。

 

1年間を時間に直すと何時間かを考えたことはありますか?

 

24時間×365日=8,750時間となります。

数十万時間と比べたら、思いのほか現実的に感じられますよね!

 

 

こう考えてみるとどうでしょうか。 あなたが35歳だと仮定します。

8,750時間×35歳=30万6,250時間が経過していることになります。

84歳まで生きる場合、残りは42万8,750時間

これでもまだ、かなりの時間が残されているように思えてホッとするかもしれません。

仕事の仕方や日中のできごとに違いはあれど、多くの人は睡眠をとります。

仮に、1日8時間の睡眠をとれば、年間2,920時間は寝ている計算になります。

残りの人生で睡眠につかう時間はどれくらいあるかというと、14万3,080時間

すると、起きていて仕事や自分の時間を楽しむ時間は28万5,670時間

 

つまり、なりたい自分を目指せるとしても、28万5,670時間です。

 

自分がどうなりたいか考える

 

まずは、今よりもずっと未来の自分に思い描くことからはじめてみてください。

大金持ちになって50歳からは仕事をせずに趣味に没頭する!でもいいと思いますし 40歳で起業して10年以内に上場企業へ成長する、でもいいと思います!

20代のうちに一生の仕事をみつける!でも。

 

この作業には、少し時間をかけてもいいです!

残された人生の大きなゴールの設定です。

数時間で結論を出さず、3日でも1週間でも考えてみることをお勧めします。

 

そして限りのある残された人生の時間を、最大に活用し 『理想の自分』に向かい、人生を豊かにしていきましょう!

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

LINE@はじめました(^^)   気軽に追加して有益な情報を受け取ってください!

 

友だち追加