有益情報

正しい人脈づくりとダメな人脈づくり

どうもfumiyaです!

 

ビジネスチャンスを広げてくうえで重要課題になってくるのが人脈づくり

 

このことは昔から常識的に考えられてきました。

 

そんな人脈作りに「良し悪し」があることをご存知でしたか?

 


本当に意味のある人脈づくりとは?


namecard08_r

皆さんの中で人脈づくりと聞くと、自分の仕事・ビジネスが有利になる相手とのパイプづくりといったイメージをお持ちの方は多いかもしれません。

 

「自分より圧倒的に優位な立場」の人々。

そんな相手の保有する資産にあやかるべく、つながりを求めることを人脈づくりだと考える方も多いのではないでしょうか。

 

ですがそれは大きな誤りです。

本来、人脈とは、こちらから一方的に「お願い」するばかりで成立するものではありません。

自分がその立場になったとして想像してみてください。

「あなたの権威を利用したいから付き合ってほしい」

というような意図が見え隠れする人は、警戒してしまいませんか?

 

相手に対し、もらうばかりでなく提供するものも持っている。

これが人脈づくりの基本です。いろいろ頼ったり、お願いすれば欲しいものが出て来る“打ち出の小槌”ではありません。

あなたの周りにもいないでしょうか。やたらと顔の広さを自慢する人が。

しかし単に業界の大物や有力者の“連絡先”を持っているだけでは、宝の持ち腐れ。

 

大切なのは「誰を知っているか」ではなく「誰に知られているか」ということ。

これが、正しい人脈の基本理念です。

 


意味ある人脈がもたらす効果


191

人脈づくりとは「なりたい自分を思い描く」ことから始まります。

目標のために、”一緒に成長できる人”と知り合いになる。

すると、一日一日、自己を磨くのが当たり前になってきます。

どんなことであれ自分自身の情報収集の一環と捉えられる訳ですから、

「怠けたい」、「休みたい」などとは言っていられません。

そうした日々の積み重ねがやがて自己実現に近づいていきます。

これも人脈づくりのもたらす重要な効果の一つでしょう。

 

僕と一緒に目標のために成長したいひと

意味のある人脈を持ちたい方、fumiyaにご連絡ください

 

 

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓