有益情報

花粉症が死ぬほど辛いあなたへ

こんにちは、史也です!

 

この時期は暖かくなってきていよいよ春という感じで、桜の開花ももうすぐ!

今年は、去年より早めの開花予想みたいなので来週くらいから花見をする人が出てくるかもしれませんね!

そんなハッピーな季節の天敵はなんと言っても「花粉」

僕もこれにはかなり悩まされてきました。(泣)

くしゃみ、目の痒み(眼球を取り出して洗いたくなるほど)、鼻詰まり(口を塞ぐと窒息死する)、鼻水、夜はとにかく寝苦しい。

もうとにかくしんどい!!

 

そもそも花粉症はなぜ起こるのか

 

いろいろ調べたので紹介します!

 

花粉症は、体内に入った花粉に対して人の体が起こす免疫反応!

本来、免疫反応は私たちの身体を守ってくれるものですが、

反応が過剰になりすぎるとアレルギーとなり、生活に支障が出てしまいます。

花粉を排除しようとして、くしゃみや鼻水、涙という症状が出ますが、それが強く出過ぎてしまう状態を花粉症と呼んでいます。

 

どれくらいの人が発症してるのか?

 

花粉症患者は年々増えていると言われています!

正確な人数は把握できてませんが、

全国の耳鼻咽喉科医とその家族を対象とした2008年の鼻アレルギー全国免疫学調査では、

花粉症にかかった人は29.8%で、およそ3人に1人が発症しています!

2017年の東京都の調査では、都内でスギ花粉にかかった人は48.8%で約2人に1人!!

結構多いですよね^^;

花粉症患者が増加しているのには理由があるみたいで

: 飛散する花粉量の増加

: 食生活の変化

: 大気汚染

: 喫煙

 

さらに、花粉症以外のアレルギーがある人や、家族が何らかのアレルギーを持っている人は、

そうでない人に比べて花粉症になりやすいと考えられている!

あなたの天敵、花粉の対策は?

 

花粉は時間帯によって飛ぶ量が変わる。

まずは、そこを知っていきましょう!

 

花粉が多い日

: 天気が良くて、気温が高い日

: 乾燥していて、風が強い日

: 雨上がりの翌日や気温の高い日が2、3日続いた後

 

花粉が多い時間帯

スギ花粉が多くなる時間帯は、お昼前後と日没後になります!

理由は、午前中に飛び出した花粉が数時間後に都市部に到達すること、

上空に上がった花粉が日没後に地上に落ちてくるためと考えられています。

 

花粉被害を抑える対策

① マスクを着用

② メガネをかける

③ 手洗い、洗顔。部屋の換気、掃除

④ 服装はウール素材を控える(ウールは花粉が付着しやすい)

⑤ 睡眠は十分にとる

⑥ アルコールはほどほどに

⑦ 喫煙もほどほどに

他にも、甜茶なども最近は良いみたいですよ!

ポリフェノールがヒスタミンを抑制するみたいで症状を緩和してくれる!

食べ物で言ったら

乳酸菌ー免疫力を高めてくれる乳酸菌のなかでもヨーグルトに含まれるビフィズス菌は優秀

魚ー魚脂に含まれる IPA・DHAは免疫機能を正常化しアレルギー症状の緩和に効果がある!

 

この時期は気温も過ごしやすく、いい時期なので、個人差はあると思いますが対策をして

楽しんでいけたらいいなとおもいます!😝

 

 

1年間で1000万円以上稼ぎ出した

洗練されたノウハウをあなたに1から伝授します!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

LINEにて無料相談実施中!!(^^)
気軽にご相談ください

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

友だち追加

少しでもいいと思ったらクリックお願いします(^^)


アフィリエイトランキング