つぶやき

”お金なんて生活最低限でいい”が男をだめにする。

こんにちは、史也です!

 

もう今回はすごいいきなりになっちゃうんですけど、

よく

「そんなにお金を稼がなくてもいい」

「お金は生活最低限でいい」

「お金より、人生を充実させたい」

って言う人いますが

いやいや、アホなの?って思っちゃうんですよねー。

え、てか生活最低限ってなに?笑

最低限ってことは、家賃、携帯代、通信費、光熱費、食費。そんなもんか。

ってなると、まず娯楽NGだし、趣味NGだし、彼女なんてNGだし

ん?なにするの?笑

仕事してるのに、ろくに稼ぐわけでもない。家帰ってテレビ見て寝て仕事行って。

休日は、金ないから家にいるし、やることなんてほぼないし。

これって楽しいのかな?笑

人生もすでに諦めてるの?って僕は思うのですが、

自分自身の可能性を制限して、金が全てじゃないって戯言自分に言い聞かせて

楽しんでる人に嫉妬して踏み出せない自分を正当化して人生が楽しいのか。

あなたはどう思いますか?

 

稼ぐ力は生きる希望につながる

 

生きる希望につながるってなんかメンヘラみたいに聞こえるかもしれないんだけど

そうじゃなくて、稼ぐ能力があれば生活していく中で可能性ってかなり広がるしできることはすごい出てくるしで希望でワクワクするって感じね。笑

コレに関しては僕自身が体感していることですが、稼ぐ力が身につく事によって

労働時間を少なくしても稼ぐことができ、空いた時間を自分の好きなことに充てることもできますし

稼ぐ力を身につけることによって、自信がつき、心に余裕が生まれます。

そして、将来に対する不安もなくなり、人生が明るくなっていきます。

 

朝起きて、今日はなにしようかなとワクワクし、充実した日を過ごし満足感と幸福感で深い眠りにつく。

なんかの広告にありそうだけど、イメージはこんな感じです。

十分なお金があることは、人生の選択肢を広げる

 

お金があることによって人生の選択肢は大きく変わってきます。

お金がなければ、つかってる古いスマホも変えられないし、ヨレヨレの服を着続けなければならない。

ご飯も質素で味気なく、ショッピングも趣味も移動につかう交通費すら制限される。

 

だけど、お金があれば

最新のスマホに変えることができるし、服も好きなものを買える。

ご飯は贅沢に叙々苑行ったり、ショッピングや趣味も充実し、移動はタクシーを使うこともできる。

 

要するに、「選ぶことができる」ということは幸せを手にする手段で、そのために必要なのが

お金ということ!

 

選択の幅が広がるって話は僕自身他の記事でもかなり伝えてますが、本当に実感してもらいたいことのひとつなんです。

実際に、今はイメージできないかもしれないですが、稼ぐことによって劇的に変わっていきます。

 

稼ぐというのは人の役に立つこと

 

お金を持ってる人と貧しい人の違いは

「ありがとう」の数。

 

稼ぐというのは、人の問題を解決したり、夢を叶えたり、夢を与えたり、満足感によって感謝されたりした結果の

ありがとうの数によって変わってきます。

 

反対に貧しい人は

「ありがとう」の数が少ないか、そんなに人の役にたっていないということ。

つまり、

「そんなに稼がなくてもいい」という人は

「そんなに人の役に立たなくていい」と言ってるのと同じ。

 

そんな人をまず、尊敬できるかといったらそうではないと思います。

 

お金を稼げば自信は勝手についてきて人生を明るい方向に導きます。

「お金が全てではない」

確かにそうかもしれませんが、それを言えるのはお金を持ってる人だけです。

お金を持ってないのに言うのはお門違いだし、ただの僻みであって

正しくもカッコよくもありません。

 

あなたはお金のある人生と

金のない人生どっちがいいですか?

 

只今、

人数限定で再び弟子を募集しています!

気になる方は、下記URLより!

 自由に、生きていく。
自由に、生きていく。

https://fmyo8.net/deshi

LINE@でもご連絡可能になります!
LINE@の際は、弟子希望ということの記載をお願いいたします!

友だち追加