つぶやき

心地よい=成長しない

どうもfumiyaです!

 

今回はコンフォートゾーンについて皆さんにお伝えしていきます。

 


コンフォートゾーンとは?


 

コンフォートゾーンとは、「今の自分にとって」心地よい状態の範囲のことを指します。

今の自分にとって心地よいということは、もしあなたが年収450万円だとすると、

年収1000万円の領域は自分にとって心地よい状態でないかもしれません。

 

お金の話は一例ですが、日々の活動(例えば全く運動をしていない人が毎日運動をするのは苦痛かもしれません)

の全てが自分にとってのコンフォートゾーンの中で行われているということです。

 

ということは、コンフォートゾーンから抜け出していかないと、今の自分から成長できません

自分にとって快適な状態からあえて脱することで、人は能力を最大限に発揮しようとし、それによって成長していきます。

さらにいうと、自分では「楽な領域ではないよ!」と思っているかもしれませんが、

脳や体が「楽な領域はここだ!」と錯覚してしまっていたら、それもコンフォートゾーンです。

comfortを辞書で引くと「快適な」という意味があります。

コンフォートゾーンとは、自分にとって不安がない快適な範囲を指します。

 


コンフォートゾーンを抜けるときは不安がつきまとう


Man with depression 

コンフォートゾーンを抜けるときは、心地よい状態から居心地の悪い状態になるので

とても不安が付きまといます。

 

例えば、

土地勘のない街で生活したり、経験のない仕事に従事しているときは、コンフォートゾーンから外に出ている状態です

 


コンフォートゾーンを広げた先にあるもの


y364168308

コンフォートゾーンの内側はいわば自分の得意分野です。

スポーツでいうところの守備範囲であり、安全かつ的確に処理できる仕事だったり、

間違えることなく確実に目的地につける交通手段が該当するでしょう。

逆にコンフォートゾーンの外側は、自分の守備範囲外の領域です。

苦手な仕事や迷いやすい道が相当します。

つまりコンフォートゾーンを広げていけば、それだけ自分の守備範囲が広がり、

できないこと、苦手なことが減ります。これは能力の向上とイコールと言えるでしょう。

 

 

今の収入が月に20万だとしたら、20万の世界しか知ることができないですよね。

 

それが月に50万だとしたら選択の幅はかなり広がりますよね

 

ただ給料50万という数字は、新卒社会人の方では到底届かない数字ですし

10年後の先輩を見たとしてもなかなか届く数字ではないと思います

 

しかし、新卒社会人でも高卒社会人でも月収50万という数字を実現可能なのが

 

ネットを使ったビジネスなのです。

 

僕と一緒にコンフォートゾーンを広げ、夢のような生活を手にしたい方

ご連絡お待ちしてます!

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓