つぶやき

「体調管理も仕事のうち」、、、?

こんにちは、fumiyaです!

 

最近急激に寒くなってきましたね

ハロウィンも終わってしまい、いよいよ本格的に冬の訪れを感じる季節になりました。

 

そこで今回いつものようにネットサーフィンをしていると

面白い内容の記事を見つけたので皆さんにもお伝えしようとおもいます。

 


体調管理も仕事のうち


 

体調管理も仕事のうち、という言葉は社会人になるとよく耳にしますよね。

この言葉は、従来、二日酔いの人や徹夜麻雀などをして仕事中に船を漕いでいる人、

仕事をし過ぎて体調を崩した人に対して使われていたもので、

決して風邪を引いた人や急な体調不良に陥った人に使われたものではありません。

 

しかし、現代では風邪を引いたりお腹を下しただけでも「体調管理は仕事のうち」という言葉で叱咤され、病気で休むこと自体が周りの迷惑かのように使われています。


テレビCMでも「休めないのに風邪を引いちゃった。だから風邪薬を飲んで仕事に行こう!」

など煽っていますが、これは日本特有の言い回しで、他の国ならば病気になったら薬を飲んで休みます。

 

そもそも、シンガポールやヨーロッパでは病欠(sick leave)という権利が労働者にあり、有給とは別に病気での欠勤に対して保障があります。


その数は1年に14日で、入院の場合は60日まで給与が保障されています。

14日あれば、風邪やインフルエンザ、ノロウイルスで寝込んでも十分カバー出来ます。


しかし、日本では良くても休んだら有給を使え、酷い所では病欠するな、病気になると皆が迷惑だ、とプレッシャーをかけてきます。

 


病気に対して罪悪感を与える悪習慣


panick_comp-e1425132396982

 

日本の社会人がストレスまみれである最大の理由が、

一人ひとりの業務が細かく分業されていないことによる人材の代替の効かなさです。

海外の会社であれば、休んだ人の仕事は手伝わないか、他の人が穴埋めしても、穴埋めした人はちゃんと休みを貰えます。


ところが、日本では有給消化率の低さや、一人の人間が幅広く仕事を担当するシステムなどが災いして、代替がなかなか効かず、同僚に大きな負担をかけてしまいます。

 

すき家で話題になったワンオペなんてものはもってのほかで、

一人で一店舗すべてをまかなうシステムで担当者が病気になってしまったら、

店を閉めるか誰かが代替する以外に方法がありません。


経営側からすれば非常に楽で、責任を休んだ人やマネージャーに押し付けることが出来ます。

日本人の村社会的な気質と、罪悪感を上手くコントロールする「体調管理も仕事のうち」

という言葉で労働者に負担を押し付けているのです。

 


休めないプレッシャーで精神病が蔓延


images-2

 

海外企業では失敗したらクビ、休む時は休むなど、責任の取り方がはっきりしているため

メリハリがきいた働き方が出来ます。


しかし、日本は失敗したり休んだりすると、クビにはなりませんが周囲から

白い目で見られるというプレッシャーに晒されます。


これがビジネスマンにとって強烈なストレスとなり、結果として精神病が蔓延してしまう原因になるのです。

そもそも人間は普通に生活していれば病気になります。

一所懸命仕事をすれば、ストレスや偏食などで体調を崩すことも多くなるでしょう。


病気でも安心して休める職場が増えればいいのですが、

現状では相変わらず有給消化率は世界でもワーストクラスで、ビジネスマンのストレスは増え続けるばかりです。

 

ちょうど季節の変わり目で体調崩したり、気を付けてはいるが体調を崩してしまう方

 

いらっしゃると思います。

 

そんな方々に朗報です!

 

具合が悪くても、ベッドで横になりながらでも収入を得ることができてしまう方法があるのです!

 

詳しくはこちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓