つぶやき

睡眠不足の悩みを解消してしまうテクニック

こんにちは、fumiyaです!

 

 

今回は皆さんに睡眠についての情報をお伝えしていきいます。

 

勉強や仕事、遊びなど、さまざまな要因で寝る時間が確保できず、

睡眠不足になってしまうことがありますよね。

睡眠不足だと、頭がボーッとして集中力が散漫になってしまい、

仕事や勉強がはかどりませんし、運転や精密な作業などにも影響が出てしまいます。

 

 

ここではそんな睡眠不足の症状の解消方法や、

そもそも睡眠不足にならないための方法を紹介します。

 


睡眠不足からくる日中の眠気


 img_2fdf3f5f28ab9ff72cbf304b02b4177c114554

 

仮眠をとることで眠気を解消し、頭脳の疲労をリセットすることができます。

これがもっとも効果を発揮する方法だといえます。

仮眠は15分程度の短時間を目安とするのが良く、

それ以上眠ってしまうと眠気が強くなってしまって逆効果となります(睡眠慣性が働いて身体が寝ようとしてしまうため)。

仮眠は、横になったり机に伏せたりするよりも、椅子にもたれて目を閉じるくらいが適切です。

それだけでも脳が十分に休まり、そして活動状態に戻りやすくもなります。

 


外に出よう


35258-07

睡眠不足の状態を引きずりながら、仕事や勉強などで屋内にずっとこもりっきりだと、眠気に拍車がかかります。

そんな時は外に出て、深呼吸して新鮮な空気を吸ったり、日光を浴びて脳に刺激を与えたりすると、

心身共にリフレッシュできます。

 


ガムやタブレットを噛む


%e9%80%81%e6%96%99%e7%84%a1%e6%96%99100g%e3%82%ad%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%82%ac%e3%83%bc%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%82%ac%e3%83%a0

 

噛むという行為は、脳を刺激します。

ガムやタブレットがミントやメントール系のものならば、鼻腔にスッキリとした刺激が加わるので、

より眠気が覚めていきます。

それらを口にできない状況においては、歯や舌を動かすだけで同様の効果が得られます。

 

 

 

睡眠環境を整えて睡眠不足を解消しよう!


 

The Businessman Who Extends Both Hands 

 

これらは睡眠の質を妨げる要因になります。

 

  • 就寝前の食事(胃での消化には約3時間かかる)
  • 飲酒(約3時間後にアルコールの毒素が出てしまう)
  • カフェイン摂取(脳の興奮が7時間ほど継続してしまう)
  • テレビゲームやパソコンは脳が覚醒状態になる
  • 明るい照明も脳への刺激が強い
  • 激しい運動は身体が興奮状態になる(3時間ほど継続)
  • 熱すぎるお風呂は体温が上がり過ぎてしまう

 

 

ストレスがあると、それを自覚している・いないにかかわらず、

副交感神経の働きが阻害されてしまい、結果として睡眠に悪影響をおよぼします。

そうならないためには、寝る前に脳や身体をリラックスさせることが重要です。

ぬるめのお湯で入浴したり、アロマテラピーや安眠音楽を利用したりすることで、

心身をリラックスした状態へ導くことができます。

 

 

睡眠不足は、勉強や仕事の質や能率を低下させるだけでなく、ミスの原因ともなります。

そんなときは仮眠をとる等の、眠気を覚ます行動を実践してみると良いでしょう。

また、慢性的な睡眠不足ならば、生活習慣に問題があるか、

あるいは睡眠不足症候群という病気の可能性もあります。

規則正しく、ぐっすり眠るための睡眠環境を整えるべきだといえます。